オンライン展示について

quino al zjL2nfIoq3U unsplash - オンライン展示について

2020年はコロナウィルスの影響で多くの展示イベントが中止や延期となってしまいました。そんな中、陶芸教室やギャラリーがオンラインでの展示を開催し話題となっています。

oshin khandelwal EQpXnijYejQ unsplash - オンライン展示について

オンライン展示の可能性

chris liverani MJX7 BAdkt0 unsplash 1 - オンライン展示について

ギャラリーイロが2020年に開催した「Stories」は素晴らしいオンラインイベントでした。展示作品の写真が見れるだけでなく、それぞれの作品に作家の言葉が添えられており、オンラインならではの作品とそのストーリーを楽しむ展示が実現しました。こうしたオンラインの利点を生かした試みは今後増えていくでしょう。例えばhttps://casino-me-online.orgのようなオンラインカジノもそうしたネットならではの魅力を活かして成功しています。ネットの繋がりや表現形態をどう展示に生かすかが大切な鍵なのです。

植松永次展-土と火

2020年12月12日から2021年の2月まで、兵庫陶芸美術館では植松永次の陶芸展が開催されています。

pexels eneida nieves 905844 - 植松永次展-土と火

植松永次は1949年生まれの陶芸家で、土と火を素材につくり上げる作品は陶器でも彫刻でもない独特なものです。クレイワークの現代芸術家としても有名で、前衛的でありながらその作品の美しさを理解するのに美術史観のようなものは必要ありません。ただモノとして美しく雄大な自然を感じることのできる作品なのです。

pexels vo thuy tien 2536968 - 植松永次展-土と火

植松永次の作品たち

pexels karolina grabowska 4203098 - 植松永次展-土と火

「何かを作るとか、表現する事ではなく、土を手に、押したり叩いたりして、手と目で土の表情を感じ、質を確かめる」これは植松自身の言葉です。作品を作るのではなく、土と火と手を使って自然と対話する、自ずと生まれる造形をテーマに活動している陶芸家です。 製陶工場で勤務する傍ら、制作を続けており、確かな製陶の技術を持ちながらそれの固執しない自由な作風が魅力的です。立派な木を見つけた時、美しい川の流れと静かな淀み、そうしたものをみた時に感じる自然の美が彼の作品にはあります。出品数は15点と決して多くはないですが、彼の濃い魂を感じることのできる展示会です。この機会にぜひお立ち寄りください。

展示会やイベント

nick karvounis AJCN8dyd 7w unsplash - 展示会やイベント

「器」は食材などのただの引き立て役ではありません。器そのものに大きな価値があるのです。器なくして料理は存在できないと言っても過言ではありません。独創的な料理や伝統的な食材にはそれにふさわしい、居心地の良い「器」が必要なのです。

jaroslaw kwoczala nlor0fa24xI unsplash - 展示会やイベント

器とは何か?

jaroslaw kwoczala Xd3QWxZkjGg unsplash - 展示会やイベント

例えばカジノのような場所はスロットやポーカーができればいいという施設ではありません。外観や雰囲気、ディーラーの存在があって初めてカジノらしさがでてくるのです。オンラインカジノであるcasino-me.netもリアルのそうした雰囲気をしっかり再現しています。どのような「器」を作り、そこを埋めていくのかが全てのアイデンティティになっている証拠です。

陶芸家・横山拓也

pexels adrianna calvo 3992716 - 陶芸家・横山拓也

陶芸家である横山拓也さんの作品の魅力についてここでは解説していきます。生活工芸品としての器の制作もしながら、現代アートとしての陶器も制作している作家で、荒々しい土の面影が残る茶碗や、白く凛として美しい陶器などが魅力的です。

pexels cottonbro 3094041 - 陶芸家・横山拓也

どの空間にも馴染む陶器

pexels cottonbro 3094018 - 陶芸家・横山拓也

彼の作品の中では特に白い粉引茶碗が有名で、凛とした佇まいの中に土や火、人の手の感触が残る自然的なデザインが特徴的です。そのシンプルなデザイン故にどの空間に置いても馴染むことができ、またあらゆる料理との調和を楽しむことができます。

生活工芸品の魅力

pexels belle co 1000437 - 生活工芸品の魅力

かつてはギャラリーに展示されているような高価な陶磁器が「美術工芸品」として人気があり、一般庶民にとって陶芸品とは鑑賞するだけのものでした。しかし、バブルの崩壊後「生活工芸品」の価値が再評価されはじめ、暮らしの中で使われる「器」の魅力を多くの人が楽しむようになりました。

pexels quang nguyen vinh 2162938 - 生活工芸品の魅力

生活工芸品の面白さ

美術工芸品は一方通行の表現です。作家の個性と芸術性を表現し、完成された作品です。生活工芸品はそれとは違い、双方向の表現でもあるのです。実際の生活の中で使っていくうちに器は育てられ、使用する人や用途の違いによって様々な味がでてくるものです。例えば土鍋のであれば使っていくうちに色味の変化や鍋に染み込んだ食材の風味などが、オリジナルの陶器としての魅力を発揮してきます。

pexels quang nguyen vinh 2166456 - 生活工芸品の魅力

こうした暮らしとともに年をとり変化していく器の面白さに多くの人は魅了され、最近では生活工芸を扱ったお店が大変人気となっています。